ダニ捕りロボは取れたダニの数を検査してくれる

使用済みダニ捕りロボを検査機関に送ってダニの数を調べてもらうことができます。

 

検査方法

ダニ捕りロボは取れたダニの数を調べてくれる有料サービスも
誘引マット内の誘引剤を、網目の大きさが異なる篩(ふるい)で、流水による篩分けを行いダニを洗い出します。
網目の大きさは、1.7mm、212μm、40μmの順です。

 

ダニ捕りロボは取れたダニの数を調べてくれる有料サービスも
ワイルドマン・フラスコーガソリン浮遊法を用いて、浮遊層にダニを単離します。

 

ダニ捕りロボは取れたダニの数を調べてくれる有料サービスも
ブフネル漏斗を用いて浮遊層を濾過し、ろ紙にダニを展開します。

 

ダニ捕りロボは取れたダニの数を調べてくれる有料サービスも
実体顕微鏡にてダニ数をカウントし、ダニの種類の同定を行います。
青色に着色しているのは小さなゴミ等です。

 

動画で分かりやすく解説

 

検査依頼から検査までの流れ

ダニ捕りロボは取れたダニの数を調べてくれる有料サービスも
ダニ捕りロボは取れたダニの数を調べてくれる有料サービスも

 

 

ダニ捕りロボ・マットの公式サイト