ダニ捕りロボはダニ捕獲データが実証済み

試験機関「愛研」の試験で、ダニ増殖抑制率100%と認定
ダニ退治

 

ダニ捕りロボは第三者機関が効果を検証済み!

 

ダニ増殖抑制率100%

ダニ捕りロボは第三者機関が効果を検証済み!

 

以下ダニ捕りロボの公式サイトからの抜粋です


増殖抑制率とは、防ダニ加工製品においてはインテリアファブリックス性能評価協議会が定める防ダニ試験が基準であると言われています。 同協議会は(株)ビアブルを含めて全国に12ヶ所の検査機関を認定検査機関としています。 また平成19年2月20日には、同協議会が定める防ダニ試験が正式にJIS化されております。 今回、そのJIS L 1920:2007の増殖抑制試験に準拠した方法で、繰り返し3回の試験を行いました。

 

検査方法について試験開始時に、製品と、綿の布(JISで定められた比較検体)に70匹のダニを散布いたしました。 翌週、4週、6週、8週って経過後のダニの数を数えます。それらを3回繰り返し、平均を出します。 製品は、4週目で平均8.7匹、6週後は0匹となりました。 それに対して、綿の布の上に散布したダニは4週後で平均2357.7匹、6週後で平均7865.3匹となりました。 増殖抑制率の式を用いて算出しますと、ダニ捕りロボの増殖抑制率は数字上では100%となります。 3回の試験ともに、100%となりました

 

ダニ捕りロボは特許取得済み

ダニ捕りロボは第三者機関が効果を検証済み!

 

実はダニ捕りロボは「生きたダニを捕獲できること」で特許を取っています。

 

これまでは、殺虫剤でダニを殺す、掃除機で死骸を吸い取るなどの方法がありましたが、殺虫剤を使うとアレルゲンの元凶ともいえる死骸を残してしまいます。

 

一方掃除機は死骸やフンが取り除けるのですが、生きたダニはあまり取れず繁殖を止められません。

 

日革研究所のダニ捕りロボは生きたダニを捕獲するので、卵を産む親のダニを殺せて結果的にダニ量が減るので死骸やフンが抑制できます。

 

 

ダニ捕りロボ・マットの公式サイト