ベッドや寝室にダニがいる

  • ベッドで寝ているうちにダニに刺されて痒くなる
  • ダニ刺されをダニとかしたい
  • 夏が近づいてくると咳が止まらなくなる

 

ベッドのダニ対策方法

 

布団のダニ被害と同じぐらい頻度が多いのが、ベッドのマットレスによるダニ被害です。

 

マットレスは敷きっぱなしなので布団以上に湿気がたまりやすく、そして餌となるふけや垢などがたくさん降りかかるのでダニが繁殖するに都合良い条件が揃っています。

 

マットレスや布団にはダニが増え続け、3年経つと10万匹以上の死骸でいっぱいになります。

 

そんなベッドのダニ対策方法について紹介したいと思います。

 

ベッドにいるダニの種類

室内にいるダニの種類には二つの種類があります。

 

一つはダニ刺されのかゆみを起こすダニでツメダニと言います。

 

もうひとつの種類はアレルゲンとなって、ハウスダストアレルギーを起こす小さなダニでチリダニと言います。

 

チリダニやツメダニを駆除する方法

チリダニツメダニを駆除すればベッドのダニ被害を減らすことができます。

 

マットレスは直接洗ったり乾燥機にかけたりできないので、布団に比べると誰に対しが難しいところですが、対策方法はあります。

 

熱で殺す

ベッドのダニ対策方法

 

マットレスが溶けない性質のものであれば、表面にアイロンゆっくりかけることである程度ダニを殺すことができます。

 

アイロンかけた後は死骸を取り除く必要があります。
掃除機を丁寧にかけて死骸や糞を吸い取ってください。

 

日光の熱ではダニは死にませんが、日光で乾燥させることができますので、時間がある時にマットレスを干すことも必要です。

 

マットレスにベッドパッドを設置する

ベッドパッドはマットレスの上に敷く薄い敷布団です。

 

丸洗い対応しているベッドバッドを使えば、マットレスのダニ駆除ができなくても肌に直接触れる部分のパッド洗えばダニ対策ができますので、有効な方法です。

 

 

ダニ捕りマットでダニを取り除く

 

三つ目の方法シートを使う、ベッドのマットレスのダニを取るのに、ダニ退治シートを使うという方法も有効です。

 

ダニ取りシートは生きているダニを捕獲するだけですので、糞や死骸など取り除くことはできません。
ですので掃除機と合わせて使っていく必要があります。

 

それ以外にダニ取りマットを使ってダニを取り除くという方法もあります。

 

ダニ取りマットは生きたダニに効果があり、ゴキブリホイホイのようにダニを集めて殺してくれます。

 

ダニ取りシートで効果的にダニを駆除

ベッドのダニ対策方法

 

マットレスは気軽に干したりできないので他に対策は難しいですが、ダニ取りシートを使えば比較的簡単にダニを集めることができます。

 

マットレスの中央部分の殺虫剤や熱が届かない所のダニも吸い出すことができて効果的です。

 

ダニ取りシートはどうやってダニを退治する

ダニ取りシートはゴキブリホイホイのような仕組みでダニを退治します。

 

まず香料でダニをおびき寄せます。
出てきたダニはダニシートの中に入り粘着テープや、乾燥剤などに捕らえられて出られなくなり死にます。

 

ダニ捕りシートのメリット

  • 殺虫剤成分を使っていないので安全
  • 生きているダニを捕獲できるので死骸が残らない
  • 設置するだけで簡単にダニ取りすることができる

 

ダニ取りマットのデメリット

卵の駆除や既にある死骸の掃除、糞の除去ができない

 

ダニ取りシートは使い分けが必要

ダニ取りシートはダニ取りシートをかけただけでダニ対策が全部できるわけではなく、あくまでも生きたダニを捕獲するものです。

 

ですので、ダニ取りシートを設置する前からある死骸や、糞などは掃除機などで取り除く必要があります。

 

しかし置くだけで簡単に安全にダニが退治できるので、子供がいる家庭やペットがいる家庭などでも取り入れられています。

 

ダニ取りマットの選び方

ダニ取りマットはベッドのダニ対策に効果的です。

 

 

効果があるダニ取りマットの選び方や、おすすめのダニ取りシートを紹介します。


 

ベッド用のダニ取りマットを選ぶ時のポイント

 

ベッドのダニ対策用のダニ取りシートの選び方のポイント
ダニ取りシートは大きさや使われている素材、値段などが様々でいろいろなものがあります。

 

その中には粗悪品でダニが駆除できるが検査していないものもありますので、注意が必要です。

 

シートの選び方のポイント

第三者検証データがあるもの

外部機関がそのダニ捕りシートの捕獲効果を測定していて、情報公開しているところのものを選ぶようにしましょう。

 

捕獲できるダニの種類に注意

ハウスダストアレルギーの原因になるダニ、ダニ刺されの原因になるツメダニの両方に効果があるものが最適です。

 

安全な成分を使用しているか

子どもやペットなどがいる場合は使っている素材に、危険な成分が入っていないかチェックする必要があります。

 

ダニが取れる面積を確認

各種のメーカーでダニが取れる面積が公表されていますので、ダニを撮りたい面積に応じたシートを用意するようにしましょう。

 

 

効果的でおすすめのベッド用のダニ取りシート

日革研究所のダニ捕りロボ

マットレスのダニ対策

 

効果があるダニ チリダニ・ツメダニ・コナダニ

 

  • 単品の場合5500円から
  • 価格 定期コースで送料が無料
  • 効果の持続時間 3ヶ月間
  • 成分の安全性 食品添加物人体に害無し
  • 第三者機関の検証データ取得済み

 

日華研究所のダニ捕りロボ
様々なダニ取りシートがある中で、決して安くない値段ですが人気なダニ捕りです。

 

これまでに1000万枚以上売れている代人気商品です。

 

日本で開発された特許を取っているもので、日本で作られているダニ取りマットで置くだけで簡単にダニが取れます。

 

有効期限は3ヶ月、ビール酵母などの食品を使った香料でダニをおびき寄せて、乾燥剤で乾燥しさせる仕組みです。
設置したところにダニが残らないので、アレルゲンが残る心配もなく、小さい子供がいても安全な成分しています。

 

ダニ捕りロボの性能は愛研が調査していて、ダニの増殖抑制率が100%であるという結果が出ています。
ダニ捕りロボのデメリットは即効性がないこと、2週間程度の時間がかかることと価格はやや高めなところです。

 

 

ダニピタ君

マットレスのダニ対策

 

効果があるダニ コナダニ・チリダニ・ツメダニ

 

  • 単品購入の価格5940円
  • 定期コースの価格3980円
  • 第三者機関の検証データ あり
  • 返金保証 あり
  • 安全性 食品添加物で安全
  • 効果の出る期間 3ヶ月間

 

ダニピタ君はダニ捕りロボと同じような仕組みでダニを駆除します。

 

ダニピタ君も人気が高いダニ取りマットのひとつで、3種類のダニを駆除することができます。

 

置くだけで簡単に3ヶ月、効果が続きます。

 

食品の香りでダニを誘い出して強力な粘着シートに貼り付けて殺します。
健康を害する成分は使っておらず、ペットや赤ちゃんがいる部屋でも使えます。

 

第三者機関が性能をチェックしていて、民家でダニがしっかり取れることが確認されています。

 

そして返品保証もついていますので、30日間で効果がないと思ったら返品してください。

 

デメリットは値段が高めなところです。
しっかり取れる分仕方ないですね。

 

 

ダニテクト

 

  • 単品注文の価格5680円
  • 定期コースなし
  • 使用されている成分 食品添加物と香料のみ
  • 効果がある期間 3ヶ月間

 

第三者機関保険証データ 一般財団法人日本環境センター調べ約15000円匹捕獲

 

ダニテクトも同じような仕組みでダニを捕獲します。
香料がダニを誘い出し、強い力がある粘着シートでダニを殺します。

 

体に害のある成分は使われていません。
第三者機関が性能のチェックをしていてダニが取れている実績があります。

 

アトピー協会が推薦しているダニ取りシートです。

 

デメリットは効果のあるダニの種類が明記されていないこと値段は決して安くないですが、枚数がたくさん入っていることがポイントです。

 

 

ダニ取りシートでベッドのダニ対策する時の注意点

使用できる面積をしっかり守る
置いたら場所を動かさないようにする
除湿や掃除もしっかり行う

 

ダニ取りシート設置するときは、ダニ取りシートがダニのいる面積をカバーできるように必要な枚数はしっかり設置して下さい。

 

そして設置したらダニが集まるまで、あまり動かさないようにしてください。

 

そしてダニ取りシートはあくまでも、生きたダニを取る装置ですので、シートを設置する前から残っているダニのフンなどは除去できないので、掃除をする必要もあります。

 

ベッドのマットレスは、布団のようにまるごと洗ったりできないので、完全にダニを取り除くことが難しいですが、ダニ取りシートをかける際にも、

  • 乾燥させてダニを住みにくくしたり
  • 餌になるフケなど落とさないこと

も必要ですので、そのような対策を合わせて行ってください。