家の中にダニがいる

  • 家にいると体がチクチク・ムズムズする
  • 花粉の季節でもないのに鼻水が出る
  • 夏になると赤いポツポツがたくさんできる

 

家の中のダニ対策方法

 

家の中にはハウスダストがたくさんあります。

 

ハウスダストは小さいちりや食べかすや糸くずなどが入っていますが、その中でも多いのがダニの死骸や糞です。

 

死骸や糞が原因でアレルギー症状やダニ刺されていた不快な症状が起こります。
そこでこのページではそんな家の中の、ダニ退治方法について紹介したいと思います。

 

 

ベッドにいるダニの種類

家の中にいるダニの種類ダニの被害は何でしょうか。

 

夜寝ているうちに刺されて発疹ができるかゆい症状でしょうか。
それとも鼻水や咳と言ったダニアレルギーの症状でしょうか。

 

ダニにはアレルギーを起こすチリダニというダニと、ダニ刺されを起こすツメダニというダニがいます。

 

このダニを対策することでそんな不快な症状が治ります。

 

ツメダニとチリダニを駆除する方法

家の中のダニは場所によってたくさんいるところと、あまりないところがあり場所によって対策方法も変わってきます。

 

ダニは高温多湿で餌があるところが好きですが、乾燥しているところや50度以上の熱があるところでは死んでしまいます。

 

ですので大まかには加熱で殺す方法と洗って殺す方法の二つの種類があります。

 

布団やベッドなどのダニ退治方法

家の中のダニ対策方法

 

布団やベッドのマットレスのダニを退治する時は水洗いか熱で殺します

 

例えば丸洗いできる布団であれば、丸洗いをしたりクリーニングに出したりします。

 

洗えないマットレスや布団は表面にアイロンや布団乾燥機で熱をかけてダニを殺しその後に掃除機やコロコロなどで汚れを取り除きます。

 

畳のダニ退治方法

家の中のダニ対策方法

 

畳のダニ退治は難しいですが、畳を乾燥させたりダニ殺虫剤をまいて殺すなどの対策が考えられます。

 

ダニの殺虫剤は燻煙剤のようなものや、畳の中に注入する方式のものもあります。
そして畳を乾燥させてダニが住みにくくするという方法もあります。

 

ただし殺虫剤や乾燥で全てのダニが駆除できるわけではなく、奥の方に隠れてしまったものは取り除けません。

 

クローゼットや押入れのダニ処理

家の中のダニ対策方法

 

クローゼットや押し入れにはダニがたくさん住んでいます。

 

押入れのダニを駆除するには、ダニが住んでいるホコリや食べかすを取り除いたりくん煙剤で殺したり、風通しを良くしてダニが住めないようにするなどの方法があります。

 

カーペットのダニ退治方法

カーペットやじゅうたんは洗ったり布団乾燥機やインランドリーの乾燥機で加熱して殺します。

 

絨毯が備え付けで取り外しができない場合は、洗うことも熱を加えることもできませんが、絨毯の上にもう一枚絨毯を敷いて、その絨毯をまめに洗うなどしてダニが直接皮膚につかないようにする方法もあります。

 

ダニ取りシートでダニを対策する

 

ここまでで家の中の各部分のダニの退治方法について紹介してきましたが、共通してダニ退治ができるダニ取りシートという方法もあります。

 

ダニ取りシートではダニシートが置けるところならどこでも、ダニを集めてシートの中に捕獲することができます。

 

ダニ取りシートのダニ駆除の仕組み

ダニ取りシートはどのようにしてダニを対策していくのでしょうか。

 

ダニ取りシートはゴキブリホイホイと同じような仕組みでダニをとります。

 

餌の匂いでダニを引き寄せてシートの中に誘い込みます。
シートの中には乾燥剤や強力な粘着テープなどが備えており、そこにダニがくっつくと外れなくなって死んでしまう仕組みです。

 

このようにバルサンなどでのような薬剤を使っていなくて、ペットや赤ちゃんがいてアレルギー症状が心配な場合でも安心して使うことができます。

 

そして畳やクローゼットなどに死骸が残らないで済むので、アレルゲンが飛散することがありません。

 

ダニ取りマットのメリット

  • 生きたまま捕獲するからアレルゲンが残らない
  • 健康に悪い薬剤が使われていない
  • どんなところでも置くだけで簡単に駆除できる

 

ダニ取りマットのデメリット

  • 掃除機などのように死骸や糞が取り除けない
  • 効果が出るまで2〜3週間かかる

 

ダニ取りシートは便利なダニ対策グッズですが、このようなデメリットもあるため、掃除機での掃除などと合わせて処理していく必要があります。

 

しかし掃除しにくい畳のなかや、ソファーの中、クローゼットの中など置いておくだけでしかも安全にダニが退治できることから、多くの家庭でダニ退治に使われています。

 

 

ダニ取りマットの選び方

ダニ取りマットはベッドのダニ対策に効果的です。

 

 

ここからは失敗しない選び方とおすすめのダニ捕りマットを紹介したいと思います。


 

家の中のダニ取りマットを選ぶ時のポイント

 

ダニ取りシートは大きさもいろいろありますし、値段もまちまちです。
中には効果がないものも販売されています。

 

ですのでしっかり効果があるダニ取りマットを選ぶ必要があります。

 

選ぶときのポイント

第三者の試験データがあるきちんと公開されている

ダニ取りシートは専門機関が、どのぐらいのダニが取れたがしっかり検査していますので、検証データがきちんと公開されているものを選ぶようにしましょう。

 

ツメダニとチリダニとコナダニの両方に効果がある

ツメダニはチリダニを食べて繁殖します。
かゆい時もアレルギー症状があるときも、どちらのダニにも対応しているシートの方が効果的です。

 

体に害のある成分が使われていないか

赤ちゃんやペットがいる場合は、体に害のある成分が使われていないかチェックする必要があります。

 

どのくらいの面積に効果があるか

設置する枚数が少ないとダニをおびき寄せられるなくて、効果が出ませんのでどのくらいの面積に効果があるのかチェックしてください。

 

 

効果があるダニ取りシートおすすめランキング

日革研究所のダニ捕りロボ

家のダニ退治
ダニ捕りロボ
効果があるダニ チリダニ・ツメダニ・コナダニ

 

単品の場合5500円から
価格 定期コースで送料が無料
効果の持続時間 3ヶ月間
成分の安全性 食品添加物人体に害無し
第三者機関の検証データ取得済み

 

ダニ捕りロボはダニ取りシートの中でも一番売れているダニ取りシートで、これまでで1000万枚が販売されています。

 

このシートは日革研究所が開発していて日本で作られています。

 

置くだけで簡単にダニ対策ができ3ヶ月効果が続きます。

 

ダニを取る仕組みは酵母などの無害な食品でダニを釣って、そして乾燥剤でミイラにさせてしまいます。

 

生きているダニが捕獲できるので、家の中にダニの死骸が飛び散ることがなく、使われている成分自体も無害なものですので、小さい子供やペットなどがいる場合でも安心して使えます。

 

第三者機関が捕獲データを公開していて、ダニの繁殖抑制率が100%と確認されています。

 

ダニ捕りロボのデメリット
価格が高めなこと、そしてダニが集まるまでに3週間かかる即効性がないということです。

 

 

ダニピタ君

家のダニ退治

 

効果があるダニ コナダニ・チリダニ・ツメダニ
単品購入の価格5940円
定期コースの価格3980円
第三者機関の検証データ あり
返金保証 あり
安全性 食品添加物で安全
効果の出る期間 3ヶ月間

 

ダニピタ君はダニ捕りロボと同じく3種類のダニに対応していてかゆいダニアレルゲンのダニに効きます。

 

設置するだけで簡単にダニが取れ効果が3か月続きます。
仕組みは食品の香りでダニを誘い出し、粘着テープに貼り付けて殺します。

 

薬剤を使っていないので健康に悪い成分は使われておらず安心して使えます。

 

第三者機関がダニの捕獲データを公開しており、実際にダニが捕獲できることが確認されています。

 

そして30日間の返金保証付き、効果がなければ返品できます。

 

デメリットは値段が高めなこと、しっかりダニが取れる分値段が高くなっています。

 

 

ダニテクト

 

単品注文の価格5680円
定期コースなし
使用されている成分 食品添加物と香料のみ
効果がある期間 3ヶ月間
第三者機関保険証データ 一般財団法人日本環境センター調べ約15000円匹捕獲

 

も食品の香料を使ってダニをおびき寄せて強力な粘着剤で捉えます。

 

ダニテクトはアトピー協会が推薦している、薬剤を使っていない体に害のないダニ取りシートです。

 

置くだけで簡単になるダニを取ることができ3ヶ月で取り替えます。

 

第三者の現状データもありダニが実際に捕獲できることが確認されています。

 

ダニテクトのメリットは量が多めに入っていること
枚数がダニピタ君やダニ捕りロボより多いです。

 

デメリットは効果のあるダニが明確に記されていないこと

 

 

ダニ取りシートで家のダニ対策をするときの注意点

ダニ取りシートを設置して家の中のダニを退治する場合は、

  • 必要な枚数をちゃんと設置する
  • 設置したらなるべく動かさない
  • シート以外の掃除などもしっかり行う

といったポイントも大切です。

 

特にクローゼットなどは風通しを良くして湿度を下げることが大事です。
カーペットはまめに洗うことが大切です。

 

布団も表面を掃除機をかけると死骸が取り除けます。

 

ダニは夏に繁殖することが多いですので、あまり暑くて湿度が高い時は、適度にエアコン入れるなどしてダニが繁殖しにくい環境作りを心がけてください。